薬のリスク「併用」

以前に勃起不全症候群のバイアグラと狭心症の薬(ニトログリセリン)を併用したことで起きた死亡事故がニュースになり注目を集めました。狭心症の薬は心臓に酸素や栄養を送り込んでいる冠状動脈を拡張させて、血液の流れをよくする薬です。

一方、バイアグラにも血管を拡張させる作用がある。バイアグラとこの狭心症の薬とを一緒にのむと、相乗効果によって全身血管が拡張しすぎてしまうのです。そのため、血圧が急に下がり、心臓のポンプ機能に大きな負担がかかります。

場合によっては、フル稼働の心臓ポンプが破裂して死に至る場合もあるのです。

この死亡事故はこのようにして起きたものと思われます。もともと心臓機能が落ちているから、薬をのんでいたはずです。そこにバイアグラと過激な性行為という運動が重なれば、心臓はたまったものではありません。現在では医師の診察を受ければ、処方箋だけで薬局でバイアグラを購入できます。しかし、勝手な自己判断でバイアグラをのむのは絶対厳禁です。

薬同士の「相互作用」の危険

高血圧症や糖尿病など生活習慣病の薬には、毎日続けてのむことでからだの機能を調節するものがあります。これらの薬は病院で医師から処方されるものがほとんど。そのため、何の危険性も感じずに安心して、毎日当たり前のようにのんでいる人が多いようです。

しかし、事故が一番多いのは、こうした「毎日のむ薬と食べ物、飲み物、市販薬とののみ合わせ」によるもの。高血圧症や糖尿病などの薬は、体調を管理する重要な薬なので、のみ合わせで作用を乱されると、痛気を悪化させたり、ときには命にかかわることにもなりかねません。

中でも、薬同士ののみ合わせで起こる「薬の相互作用」は、それぞれの薬が持っている性質、体内で起こる化学反応による副作用で危険な場合があります。特に生活習慣病で薬を毎日のんでいる人が、市販の風邪薬や胃腸薬、漢方薬などと併用して事故を起こすことがあります。薬を何種類かのむ際には、細心の注意と知識が必要なのです。